スポーツマンが資格を取るために映像授業で奮闘した!

(更新日:2015/03/30)

スポーツマンが資格を取るために映像授業で奮闘した!

★公認会計士の資格に合格しよう!試験制度を理解し万全の体制で対策しよう!★

2015年3月27日

昔より、医師・弁護士・公認会計士は三大難関資格として厳しい受験競争が繰り広げられてきました。医師や弁護士は、受験資格として医学部・法科大学院を卒業しておく必要がありますが、公認会計士に関しては、特段の受験資格を必要としないため誰にでもチャンスがある門戸の開かれた資格試験と言えます。だからといって易しい試験という訳ではなく、短答式試験と論文試験の二段階を突破して初めて公認会計士試験合格者と認定されます。その後、監査法人で3年間の実務経験満たす必要があります。公認会計士として活躍するためには、まず短答式試験と論文試験の合格を目指さなければならず、試験合格率は二段階の試験を合わせて10%を切る難関試験となっています。短答式試験はマークシート形式の出題であり、年に2回実施されることとなっています。第Ⅰ回は12月上旬、第Ⅱ回は5月下旬にあり、合格点に達した方のみが8月の論文試験に進みます。論文試験は年に1回のみであり、記述式の試験内容となっています。論文試験に不合格となった場合でも、翌年と翌々年の短答式試験は免除される規定があるため、過年度受験生は論文試験の勉強に集中して臨むことができます。公認会計士攻略ガイドは、試験の概要や勉強を始める前に知っておきたい基礎知識を詳しくご紹介しています。また、合格後の就職事情についてもご紹介しています。公認会計士攻略ガイドを参考に、試験内容を知った上で自分の勉強スタイルに合った受験予備校を探していきましょう。

公認会計士 試験はコチラ

★映像教材でeラーニング!自宅や外出先でも学べる環境を整えて効率良く学習!★

2015年3月20日

映像教材比較ランキング

受験生は、志望校という大目標に向けて日々勉強をしています。勉強には、授業を受けて内容を理解するインプットと、小テストや模擬試験などを通じて本当に内容を理解しているか確認するアウトプットがあります。インプットとアウトプットを効率良く組み合わせていくことで、学習を進めて行き、本試験でも安定して得点を重ねることが合格に向けて非常に重要となります。こうしたインプットやアウトプットにおいて、学習を効率良く進めるための学習スタイルにはさまざまな種類があります。最も一般的なものとして、受験予備校に通い授業を通じてインプットを学習する方法があります。他の受験生と切磋琢磨しながら学習を進めることができます。しかし、友達付き合いなどの人間関係や、足を引っ張る生徒の存在によって学習の効率が悪化するデメリットもあります。これに対して、DVD配信やインターネット配信といった映像教材を用いた学習スタイルなら、他の生徒に邪魔されることもなく集中して授業を受けることができます。特に、インターネットを使ったeラーニングは、自宅以外でも移動中やカフェなどでスマートフォン・タブレットを利用して学ぶことができるため高い効率で学習することができます。映像教材比較ランキングは、映像教材を利用した学習方法のメリット・デメリットを含め人気の配信授業を詳しくご紹介しています。映像教材比較ランキングを参考に、自分に合った最適な学習方法で合格を勝ち取りましょう。

スポーツマンが資格を取るために映像授業で奮闘した!

ページトップへ戻る

Copyright (C) スポーツマンが資格を取るために映像授業で奮闘した! All Rights Reserved.